2泊3日で検査入院してきました。
もう、検査検査の目白押し。

DSC_0955

なんといっても造影剤を使った画像診断。
頭の血管とか見れる診断で、どいつが腫瘍に栄養を送ってるのかわかるんだって。
で、フツーにCTとかMRIなんかと違って、血管の中に造影剤を流して撮るんだけど
その流し方が! 点滴でも内服でもないのよ!

太ももの付け根 鼠径部(そけいぶ)に細くて小さいカテーテルみたいの入れて、
そのトンネルに細長いストローみたいのをいれるのよ。局所麻酔ね。
で首のほうまで入れたら、初めて造影剤を鼠径部から入れるの。
これで頭のなかに造影剤が送り込まれるのね。そこで記念撮影。でおわりなんだけど。
そのストロー入れるときに私の欠陥が異物だと思ったのか、小さくなっちゃったみたいで
圧力がかかったみたいで先生は、だめだ。って。
で反対側の鼠径部から、麻酔してもう一度、ってこっちは血管の形がうにゅうにゅしてて
先生は、だめだ。って。(笑)
で、三度目はもう少し上のほう、おなかの辺りから。それもダメ。
で。やっと四度目でうまくいって。ここまでで1時間。
そのあとの撮影で1時間半。
おなかは血まみれで、大変だった。で、そのあと、止血するから包帯の塊みたいのを
傷口に当てて強くテーピング。4時間は身体を曲げたり足を曲げたりしちゃいけないの。
腰が痛くて地獄のようだった。いたくて眠れないし、手は動かせるからスマホとかテレビは見れたけどね。もう、最悪。
ちなみに本チャンの手術のあともこれをやるみたい。


ってか本チャンの手術は8~12時間くらいかかるらしい。
こっちは全身麻酔だけど目覚めた時が恐ろしいよね。
あたまパッカーンして3㎝くらいの穴をあけて腫瘍を取ってふさぐらしいけど
ふさぐときに医療用の糊みたいのに加えて、なんと おなかの皮下脂肪も少し削って頭をふさぐのに使うんだって。そうしないと髄液?頭の中のお水が漏れてきちゃうんだって。
それで骨を戻して皮膚をぬいぬいしておなかもぬいぬいして終わりみたい。

順調にいけば10日くらいで退院できるみたい。
クリスマスには帰れるかな~?

しかし
本当

病院って やだね。

お友達作ろうなんて思ってたけど


やめたほうがよさそう。


友達作れるのはたぶん、外科くらいじゃない?(笑)骨折したとかさ。



まあ、頑張りますよ。
先生と運命にまかせます。